地域独自の産業が形成される経緯や、九州の基幹産業のひとつであるモノづくり産業について、
地域が自立した経営を行っていくという視点から書いています。
また、ベンチャービジネスや、学術研究といった、新産業の創造に向けた取り組みは、
九州の未来を担う活動のひとつです。

1 地域産業(PDF版)

P.1  地域づくりのための産業政策

P.10 九州の先端産業は地域福祉

P.13 社会のトレンドをどう判断し、新産業開発のコンセプトをどう見るか

P.17 障害者が普通に暮らすまち

P.20 最後まで人間としての尊厳を失わない、村づくりへの思いをかけた9年間のがんばり

P.25 お客さんの声を聞き、いいモノをつくって、230人雇用の地域産業へ

P.28 “出石皿そば”で産業転換をした兵庫県出石市

P.29 何の資源もないまちでも、自分たちと縁のある都市の人々とのつながりを生かせば、地域づくりができるのではないか

P.34 地域計画運動の原点は“グンゼ”・“郡是”にあり

P.39 “川と人とのかかわり”を再生し、流域の経済・社会を活性化させよう

2 モノづくり産業(PDF版)

P.42 足袋からゴム産業への転換

P.46 有田の陶磁器製造業から新たな展開

P.50 筑豊三都物語(飯塚、田川、直方)

P.54 “白磁のまち有田”を、モノつくりのまちから焼き物を売り、もてなしをする複合型産業のまちづくりへ

P.59 直方の鉄工の歴史と今 ─筑豊三都物語・パート2─

P.63 久留米地域の地場産業を考える

P.66 田川銘菓「黒ダイヤ」物語

P.68 地域で産業を生み出す……“ロダン21の活動”

P.72 黒沢映画「乱」の合戦シーンの甲冑を全部つくった

3 ベンチャービジネス論(PDF版)

P.74 筑豊のお菓子は新産業創造の成果

P.76 九州・沖縄一丸となって強くなった高校野球

P.81 ダメ人間だから起業家になれる

4 学術研究都市(PDF版)

P.88 ドイツ・バーデン・ヴェルテンベルク州の科学・技術開発

P.90 これからの学術研究都市は地域の視点で

P.94 若者にカツを入れるには絶好の場所だと思った

P.98 タテマエ国日本の停滞する学術研究都市と着実に進んでいる台湾の新竹工業園区

P.102地域ならではの研究は全国に通用する

P.104まだまだがんばらないかん日本

P.107中国の経済首都・上海はまだまだ元気

P.110「知」を生かした地域の自前の産業づくりをめざして

P.11321世紀の大学教育は国際人材育成